1日目7月20日(金)

開会の辞: 8:55-9:00

中林 孝和(東北大学大学院薬学研究科 第40回日本光医学・光生物学会会頭)

 

一般講演I: 9:00-10:20

座長:田邉 一仁(青山学院大学理工学研究科)

 

(光化学1)

1. NOの光解離を用いたタンパク質の光制御

○黒井 邦巧、黒田 剛、佐藤 一平、中林 孝和

東北大院薬

 

2. ジアリールエテン類とリゾチームの相互作用

○切畑 貴太1、数見 肇樹1、稲田 妙子1、藤井 正明2

1北里大・理、2東工大・化学生命科学研

 

3. シクロデキストリンに包接したアルカロイド-ベルベリン類の光増感活性

○平川 和貴1,2、北川 暁子1、岡崎 茂俊3、江間 文俊4、小堀 康博4,5

1静岡大院総合、2静岡大創造院、3浜松医大光尖端医学教育研究セ、4神戸大院理、5神戸大分子フォトサイエンス研究セ

 

4. 光線力学療法への応用を志向したpH応答性 リン(V)ポルフィリンの開発

○堀内 宏明1、磯貝 将孝1、平川 和貴2、奥津 哲夫1

1群馬大院理工、2静岡大院総合

 

座長:黒井 邦巧(東北大学大学院薬学研究科)

 

(光化学2)

5. UVA照射によるチオグアノシンの光酸化反応およびグアノシンとの光反応

○鈴木 正、青木 初依、宮田 翔馬、田邉 駿輔、磯崎 輔

青学大理工

 

6. 環状シロキサン中におけるUVB/UVA広帯域サンスクリーンの光化学特性

○吉原 利忠、梁島 歩美、飛田 成史

群馬大院理工

 

7. 代謝プロセスを利用した脂質メディエーターの光プローブ化

荻原 智1、森本 正大2、千葉 順哉1、○友廣 岳則1

1富山大院薬、2鈴鹿医療科学大薬

 

8. 光CTによる甲状腺腫瘍診断のためのヒト頸部内光伝播の数値解析

○藤井 宏之1、山田 幸生2、星 詳子3、小林 一道1、渡部 正夫1

1北大大院工、2電通大、3浜松医大

 

休憩 10:20-10:30

 

一般講演II: 10:30-10:20

座長:吉原 利忠(群馬大学大学院理工学府)

 

(光生物1・手法)

9. 藻類オイルに対するクロロフィルの溶解性と安定性

神定 輝光1、○真弓 智仁1、出村 幹英2、吉田 昌樹2、仲里 正孝3、渡辺 信2、小林 正美1

1筑波大・物質工学域、2筑波大・生命環境系、3クロロフィル研究所

 

10. 極低温顕微分光による光合成タンパク質構築Assembly中間体の探索

千葉 智文、永澤 廣知、○柴田 穣

東北大院理

 

11. ラマンタグを備えたDNAオリゴマーの合成とDNA局所構造の解析

○田邉 一仁、板谷 亮汰、栗原 亮介

青学大理工

 

12. 生きた細胞内の水をラマンで測定する

○梶本 真司、竹内 瑞貴、中林 孝和

東北大院薬

 

13. 深紫外線半導体発光素子と水柱内光導波路効果を組み合わせた水洗技術

○松本 貴裕1、鬼児島 理香1、立野 一郎2、幸村 裕治2、福岡 朋実1、杉浦 佑哉1、長谷川 忠男2

1名市大芸工、2名市大医学

 

【第39回日本光医学・光生物学会 奨励賞受賞講演】: 11:20-11:50

座長:鈴木 正(青山学院大学理工学研究科)

 

(医学領域)

紫外線照射による心血管疾患発症・進展の抑制機序の検討と臨床応用

○佐々木 直人1,2、福永 淳3、錦織 千佳子3、山下 智也2、平田 健一2、力武 良行1,4

1神戸薬科大学 医療薬学研究室、2神戸大学大学院医学研究科 内科学講座 循環器内科学分野

3神戸大学大学院医学研究科 内科系講座 皮膚科学分野、

4神戸大学大学院医学研究科 生化学・分子生物学講座 シグナル伝達学分野

 

(生物・化学領域)

菌体の光不活性化を目的とした水溶性リンポルフィリン錯体の開発

○松本 仁

宮崎大学工

 

休憩 11:50-12:00

 

休憩 12:00-13:20

【ランチョンセミナー (マルホ株式会社)】12:00-13:00

座長:清水 忠道(富山大学大学院医学薬学研究部皮膚科学)

 

アトピー性皮膚炎におけるフィラグリン遺伝子変異、皮膚バリア障害とその対策

講師:秋山 真志(名古屋大学大学院医学系研究科皮膚科学分野)

 

一般講演III: 13:20-14:00

座長:友廣 岳則(富山大学大学院医学薬学研究部)

 

(核酸)

14. 光照射による芳香族アミノ酸残基からDNAへの電子移動

○橋谷 文貴1、Yum Jihye1、田代 竜2、Park Soyoung1、杉山 弘1, 3

1京大院理、2鈴鹿医療大薬、3京大iCeMs

 

15. マウス皮膚における紫外線DNA損傷量と誘発突然変異頻度の定量的関係の作用スペクトル解析

○池畑 広伸1、森 俊雄2、亀井 保博3、山本 雅之1

1東北大院医、2奈良県立医大、3基生研光学解析室

 

16. ピレン連結DNAおよびRNA内でのブロモウラシルの光反応

○田代 竜1、Yum Jihye2、Soyoung Park2、橋谷 文貴2、杉山 弘2,3

1鈴鹿医療大薬、2京大院理、3京大iCeMs

 

17. 色素性乾皮症バリアント群患者由来細胞における放射線照射後のDNA損傷修復機能の検討

○大塚 俊宏1、谷崎 英昭1、森脇 真一1、中村 麻子2

1大阪医科大学皮膚科、2茨城大学理学部

 

【特別講演I】: 14:00-14:30

座長:国定 充(神戸大学皮膚科学教室)

 

遺伝性皮膚ポルフィリン症の遺伝子診断

○中野 創

弘前大学大学院医学研究科皮膚科学講座

 

休憩 14:30-14:40

 

【ミニシンポジウム 物理的刺激による細胞制御:医学・薬学研究への応用】: 14:40-16:40

座長:中林 孝和(東北大学大学院薬学研究科)

 

気液界面プラズマ生成複合刺激による細胞膜輸送促進の機構解明

○金子 俊郎1、佐々木 渉太1、神崎 展2

1東北大院工、2東北大院医工

 

網羅的定量プロテオミクスと薬動力学に基づくプラズマ生体作用の分子的解明

○立川 正憲1,2

1東北大院薬、2東北大院医工

 

高周波バーストパルス高電界印加による細胞へのアポトーシス誘導の周波数依存性

○南谷 靖史1、佐藤 浩美1、大西 伸明2、勝木 淳2

1山形大院理工、2熊本大院、3熊本大パルス研

 

Apoptosis Induced by Application of Nanosecond Pulsed Electric Field and Fluorescence Lifetime Microscopy.

○ Nobuhiro Ohta

National Chiao Tung University (NCTU), Taiwan

 

休憩 16:40-16:50

 

【学会賞受賞講演】: 16:50-17:30

座長:鶴田 大輔(大阪市立大院医学研究科皮膚病態学)

 

(医学領域)

学際的な光皮膚科学研究の面白さ

○錦織 千佳子

神戸大学大学院医学研究科内科系講座皮膚科学分野

 

(生物・化学領域)

光反応を用いたDNAの構造と機能を制御するケミカルバイオロジー

○杉山 弘

京都大学大学院理学研究科

 

総会 17:30-17:50

 

情報交換会 18:00-19:30

2日目7月21日(土)

【特別講演II】: 9:00-9:30

座長:澤村 大輔(弘前大学大学院医学研究科皮膚科学講座)

 

色素性乾皮症研究:50年の歴史と自ら歩んだ30年

○森脇 真一

大阪医科大学皮膚科

 

一般講演IV: 9:30-11:00

座長:山本 博之(日本薬科大薬)

 

(光生物2)

18. UVAとUVBによるピリミジンダイマー形成と変異誘導の関係

○根岸 友惠1、根岸 和雄1、岩崎 真波2、亀井 保博3、若杉 光生2、松永 司2

1日本薬科大学、2金沢大学大学院・医薬保健研究域、3基礎生物学研究所

 

19. 5-aminolevulinic acid (ALA)と化学発光体を用いた光線力学療法の緑膿菌に対する治療効果

○葛谷 早喜子1、片山 文平1、小澤 俊幸1、石塚 昌宏3、伊藤 真也4、粟津 邦男2、鶴田 大輔1

1大阪市立大学大学院 医学研究科 皮膚病態学、2大阪大学大学院 工学研究科 量子エネルギー工学講座、3SBIファーマ株式会社、4ルミカ株式会社

 

20. N-ニトロソプロリンのUVA照射により生じる変異原性物質の安定性

○彌久末 晶子1、友實 直美2、田中 範子2、有元 佐賀惠1,2

1岡山大院医歯薬・薬、2岡山大薬

 

21. 眼からのUVAはアトピー性モデルマウス(NC/Nga mice)においてp53, 時計遺伝子群を介し症状を抑制させる

○山手 百合香、平本 恵一、佐藤 英介

鈴鹿医療科学大学 薬学部

 

 22. UVBの眼照射はアトピー性皮膚炎モデルマウス(NC/Nga mice)においてACTHとNLRP3を介し症状を悪化させる

○平本 恵一、山手 百合香、佐藤 英介

鈴鹿医療科学大学 薬学部

 

座長:有元 佐賀惠(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)

                                                                                                      

(光防御)

23. 顔面に浴びる太陽UV-A紫外線強度推算式の適用可能太陽高度の拡張

○竹下 秀1、佐々木 政子2

1東海大工、2東海大

 

24. 5-アミノレブリン酸によるプロトポルフィリンIXの生成に対するカテキン類の添加効果

○石井 佳澄1、渡部 信也1、落合 晃2、蓮沼 裕也3、山口 智子3、徳岡 由一1,3

1桐蔭横浜大院工、2日本医療科学大保健医療、3桐蔭横浜大医用工

 

25. 紫外線曝露における角化細胞のセクレチン前駆体発現と分泌調節

○山本 博之1、柳沢 亮太1、宮口 裕美子1、井口 和明2、木村 道夫1

1日本薬科大薬、2静岡県大薬

 

26. ラット角膜および網膜に対する222 nmのUVC照射の安全性評価

○杉原 一暢1、海津 幸子1、佐々木 正裕2、西明 愛子2、五十嵐 龍志2、大平 明弘1、谷戸 正樹1

1島根大医学部眼科、2ウシオ電機

 

休憩 11:00-11:10

 

一般講演V: 11:10-12:00

座長:中野 創(弘前大学大学院医学研究科皮膚科学講座)

 

(光発がん・症例)

27. ボリコナゾールによる光毒性反応による炎症増強反応はXpaノックアウトマウスにおいて皮膚腫瘍を増加させる

○国定 充、山野 希、保坂 千恵子、竹森 千尋、錦織 千佳子

神戸大皮膚科

 

28. UVB反復照射にて皮疹を誘発し得たActinic lichen planus

○三澤 恵、牧野 輝彦、古川 史奈、森 直哉、清水 忠道

富山大・皮膚科

 

29. 内視鏡的毛様体光凝固術装置の開発と難治緑内障に対する短期臨床成績

○谷戸 正樹1,2、真鍋 伸一3、濱中 輝彦4、佐藤 裕之5、森 和彦6

1島根大学眼科、2松江赤十字病院眼科、3林眼科病院、4日本赤十字社医療センター眼科、5佐藤裕也眼科、6京都府立医科大学眼科

 

30. 名古屋市立大学病院における日光蕁麻疹16例のまとめとその対応

○西田 絵美、西原 春奈、佐川 容子、森田 明理

名古屋市立大学 加齢環境皮膚科学

 

31. 神経症状を合併した色素性乾皮症D群の2例

○小野 竜輔1、中野 英司1、上原 奈津美2、上田 健博3、酒井 良忠4、栁原 茂人5、錦織 千佳子1

1神戸大学皮膚科、2神戸大学耳鼻咽喉科、3神戸大学神経内科、4神戸大学リハビリテーション科、5鳥取大学皮膚科

 

【特別講演III】: 12:00-12:30

座長:梶本 真司(東北大学大学院薬学研究科)

 

過渡吸収および過渡円二色分光法によるDNA-色素結合のダイナミクス

○荒木 保幸

東北大学多元物質科学研究所

 

閉会のあいさつ: 12:30-12:40

© 2017 by the Japanese Society for Photomedicine and Photobiology. All Rights Reserved.